カルピンのつぶやき 何でも書く

役に立つ情報や、楽しいことなど何でも書いていこうと思います。

アジア最終予選 サウジアラビア戦を見て思ったこと

アジア最終予選サウジアラビア戦が終わりました。

日本は完全アウェイの中、0-1で負けましたが結果も内容もとてもひどい内容でした。

 

日本はスリートップに左から原口 大迫 本田

インサイドハーフに井手口 柴崎

アンカーに山口

DFは左から長友 昌子 吉田 酒井(宏)

GK 川島

 

やっぱり前半目立ったのが本田の動きでした。

本田はもともとスピードがなく、右サイドでボールを持っても左利きのために

内に切り込んでしまいます。そのため、ハリルが目指す縦に早いサッカーには、

必要ないというように感じます。それと、何度もボールをロストして日本のピンチの起点の原因にもなっていました。それと、ボールを奪うような積極的な守備もなく、前半の日本の右サイドは完全には可能性を感じませんでした。

あとは、ポジショニングの悪さが目立っていました。酒井(宏)や柴崎がかわいそうになるぐらい悪かったと思います。

本田の起用法については、これから議論が過熱していくとは思いますが、個人的には後半ビハインドの時などに、使うくらいがちょうどいいかと思います。やはり今までの経験というのは、代表の中ではずば抜けていると思いますし、これまで日本を何度も救っています。ジョーカーや精神的支柱としては大事だと感じます。

 

岡崎も微妙なように感じました。もともとスピードがあるタイプではなく、やはり本田と同様あまりいいように思えませんでした。今回は、オーストラリア戦で起用された大迫がベンチ外だったので岡崎が起用されました。やはり、大迫の存在は大きいように感じました。オーストラリア戦では大迫が前線で、ポストプレーでボールを保持してくれてそれが起点となり、日本のカウンターに繋がったり、日本がボールを持つ時間が増えるなど、今の日本代表には必要不可欠な存在です。

 

左の原口は、とてもいい動きでした。献身的な守備、奪ってからの縦の意識、あとは点に絡む動きがほしかったですが、日本の攻撃陣を引っ張っていた一人だと思います。

 

他に気になったことは、

山口はやはり、アンカー向きではないように感じます。もちろん積極的な守備はとても素晴らしいものがありますが、ボランチの一角やインサイドハーフでの起用が合ってるように思いました。後は、後半ビハインドのときの展開力のなさが気になりました。

もともと、守備的な選手で仕方はありませんが。

 

DFは本大会を見据えて、他のメンバーも試してほしかったと思います。おそらくはDFに関してはこのままいくでしょうが、他の選手が見たかったのが本音です。

 

後半は浅野が本田にかわり 投入されましたが0-0のときのスペースに抜ける動きとスピードはやはり、素晴らしいものがあります。しかし、日本が先制されてしまうと、相手が前がかりにこないため、スペースがなくあまり持ち味を出せなかったように感じる。もともとサイドの選手ではないが、もう少し連携面や自分で勝負する意識、パス精度などは改善が欲しいところです。

 

ハリルの采配にも疑問を持ちました。ハリルは試合前の分析などはすばらしいと思いますが、修正力は全くっていいほどないように思える。後半柴崎に変えて久保を投入しましたが、これにより日本はパスを出せる選手がいなくなり、結果的に日本の攻撃は停滞してしまいました。久保もコンディションが悪いのか見せ場はありませんでした。

 

あとは、セレッソ大阪の杉本が代表デビューしましたが、完全に孤立してました。やはる世界で戦っていくには物足りないよに感じます。

 

個人的には、乾を左において、原口を右に起用してみるのもおもしろいと感じました。

武藤も試してほしかったです。

 

やはり、長谷部の存在は大きいように感じました。彼がいるかいないかで日本のリズムは大きく変わります。あとは香川にも期待したいです。日本の10番を背負っているのでやはり彼が中心選手にならないといけないと思います。

 

今回は、課題ばかりが見えた試合でした。W杯までには修正できればいいと思います。